ふるさと納税 限度額まで寄付完了 休日の話題181209

こんにちは。

 

 

 

昨日、今年最後のふるさと納税の寄付を申し込みました。

 

12月31日まではまだ少し余裕がありますが、年末になると何かと忙しくなりますし、何事にも余裕を持つというのが私の信条です。

 

 

 

 

 

ふるさと納税は今年8月に総務省が横やりを入れたことで明らかに返礼品が抑えられ、残念ではありますが、だからといって寄付をしないという選択肢は自分的にはあり得ません。

 

 

 

 

というわけで、今年も控除限度額近くまで寄付をしました。

抑えられたといっても、それでも頂ける返礼品と自己負担を比べれば、大きくお得というのは動かないですからね^^

 

 

 

 

 

因みに今年最後の寄付先に選んだのは、自分の出身地の自治体です。

 

これは返礼品がどうというよりも気持ちの問題なのですが、多分、これがふるさと納税の本来の趣旨なんでしょうね。。

 

 

 

 

さとふる

 

 

 

 

それにしても、私の周りには「興味はあるけど寄付をしていない」という人がいっぱいいます。

話を聞くと、決まって「面倒くさいから」とか「難しそうだから」といった反応が大多数です。

 

 

 

 

 

寄付するしないは個人の自由なので私がとやかく言うことではないのですが、こんなにローリスクハイリターンの制度なのに、もったいないなぁと思います。

 

 

 

 

ちょっと計算間違えて多く寄付しすぎたとしても単に善意の寄付になるだけですし、そもそもギリギリを狙わず少なめの寄付額なら、控除しきれないことはないですからね。。。

 

 

 

まあ、住民税が特別徴収の方は12ヶ月分割で減額されるので、控除されている実感を感じにくいというのはありますが、だからといって寄付しないという理由としては弱いですよね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が自分の周りの人の言動を見て思うのは、日本人はまだまだ保守的な考えの人が多いということです。

 

 

 

 

 

貯蓄メインの方がその資産の10分の1でも投資に回せば、きっと大きなインパクトとなって経済もより活性化しますし、iDECO(イデコ)も利用している人としていない人では10年後、20年後にとんでもない差がついている可能性が高いと思います。

 

 

 

 

保守的な人はなかなか最初の一歩が重いですが、せめて自分の周りで気付く事の出来た方は、重い一歩を踏み出して欲しいと思い、なるべく丁寧にご案内している今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節税効果の高いiDeCo(イデコ)は始めてますか?
今どきあり得ない程のメリットがあります!!
興味のある方は ⇒ 
この記事を読んでみてくださいね。

 

マネックス証券 iDeCo

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、来週注目している銘柄です。

 

【3798】ULSグループ

 

 

 

 

 

来週も頑張ってまいりましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)