ふるさと納税返礼品到着 限度額計算と制度変更について 休日の話題180930

こんにちは。

 

 

 

 

ふるさと納税で申し込んでいたお米が届きました。

 

 

岡山県吉備中央町からこしひかり20kgです。

因みに寄附金額は1万円です。

 

丁度お米のストックが無くなりつつある時でしたので、タイミングぴったりでした。

 

 

 

 

 

 

 

気が付けば9月もほぼ終わり、今年もいよいよ残すところあと3ヶ月程となりました。

 

所得金額の予測もかなり高い精度で計算できるようになってくる頃ですので、そろそろ寄付金額の上限額を本気で計算しようと思っています。

 

 

 

ただ、サイトにシミュレーションが用意されているとはいえ、やはり面倒でついつい後回しにしてしまうんですよね。。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

ふるさと納税制度は今、曲がり角を迎えています。

 

9月には総務省が返礼品の調達費用が寄附金額の30%を超える自治体を制度から除外する方針を打ち出しました。

 

 

 

 

 

一部の自治体に寄付が集中し、人気のない自治体の税収が減少するという事は問題であり、また、寄付を獲得するために自治体間で高価な返礼品の競争が起こるのも、制度の趣旨からは逸脱しているということであります。

 

 

 

 

 

ただ、私たち納税者からしてみれば、納税額は変わらない(2000円の自己負担はありますが・・・)ので、どうせなら良い返礼品の貰える自治体に寄付したいと思うのは当然です。

 

 

 

 

 

 

返礼品目的の寄付が増え、制度の目的から逸脱しているなんていっていますが、そんなの返礼品目当てに寄付をするのは当たり前だと思うのです。

だって、寄付しなくても同じだけ税金取られるんですから。。。

 

 

 

 

 

 

 

自分の住んでいる自治体の返礼品に魅力があれば、当然そこに寄付をします。
(総務省の言いつけを守って返礼品調達額を30%以下に抑えているところは、確かに可哀そうですが。。。)

 

 

 

 

 

税収が減ると嘆いている自治体はもっと税収を獲得する方法を考えるとか、税収に見合ったコンパクトな組織や体制やコストダウンを考えるとか、そういった努力もするべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

税収があるのが当然。少なくなったら文句を垂れ流し、他の自治体を責める。
そんな自治体は、果たして行政サービスの質を落とさず歳出を減らす努力をしていますか? という話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、私たち庶民はいくら頑張ってもお上のいう事には逆らう事が出来ません。

制度が変わればそれに対応し、少しでも有利になるよう意識をしていくしかないですね。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく今年もあと残り3ヶ月。
なるべく寄付金額の上限一杯近くまでは頑張って寄付をしたいと思います。

 

 

 

さとふる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、来週注目している銘柄です。

 

【7244】市光工業

 

 

 

 

来週も頑張ってまいりましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です