やまや 株主優待導入 店舗で使える商品券 休日の話題180902

こんにちは。

 

 

 

9994やまやが8月21日に株主優待の導入を発表しました。

やまやといえば、イオン系の東北地盤のお酒専門店で、3178チムニーの親会社です。

 

 

 

 

気になる株主優待の内容は、100株以上の保有で3000円の商品券をいただけるというものです。
保有株数による優劣はありません。

3月と9月の年2回ですので、年間では6000円分という事になりますね。

 

 

 

 

 

私はお酒はたしなむ程度なのですが、それでもそこそこは飲みますし、この優待はやはり見過ごすことが出来ません。

何故ならば長期で優待を獲得しながら、株価の上昇も見込めるからです。

 

 

 

 

 

 

そこで、やまやの直近の決算短信を少し見てみようと思います。

 

 

 

30年6月の第一四半期は、売上高は40億円と前年比3%の減ですが、最終利益は8億円となり、前年比で36%の増加です。

 

通期の予想はほぼ前年と同程度としていますが、本業の酒販事業が好調を維持しており、昨年度の新規7店舗の立ち上がりも順調です。

 

外食事業の営業利益は前期比で微減ですが赤字ではありませんし、酒販事業との共働体制の効果も期待したいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

やまやの自己資本比率は42%と、ほぼ心配のいらないレベルですしPBRは1.1倍、PERは10倍と指標面でもなかなかの割安ぶりです。

 

 

 

 

やや物足りないのが配当利回りですが、それでも1.5%近くあり、配当性向は14%程度です。
(最近は四半期短信に配当性向が載っていないんですね。。。^^)

 

 

 

 

 

 

有価証券報告書を確認すると、企業体質強化と内部留保の充実を勘案しながら配当を実施するとあります。

直ぐに増配は無理としても、今後自己資本が手厚くなってくれば、少しずつでも配当性向上昇の余地はありそうです。

 

 

 

 

加えて年2回の株主優待が加わることで、(私のような)新規の個人投資家から注目されることも期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

やまやの最初の株主優待の獲得は今月です。

これから権利獲得に向けて株価の上昇が見込めるかもしれませんので、ちょっと注目してみようと思っています。

 

 

今回の株主優待は見送って、権利落ちの安くなったところを買うのとどちらが良策なんでしょうか。。

 

 

 

 

 

まあ、こうやっていろいろ悩むのも、株式投資の面白いところだと思います。
(買うなら長期保有前提ですので、ぶっちゃけどちらでも良いのですけれどね^^・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、来週注目している銘柄です。

 

 

 

【3825】リミックスポイント

 

 

 

 

あなたの元にフクが来ますように。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です