ヤマダ電機株主優待 休日の話題180107

こんにちは。

 

 

 

 

去年の話ですが9831ヤマダ電機から株主優待が届いていました。

 

 

ヤマダ電機の株主優待券はちょっとだけ注意が必要です。

 

有効期限は到着日~有効期限内という会社が多い中、ヤマダ電機の株主優待券は、2018年1月から2018年6月までと、到着日から使用可能期間まで少し日数があります。

また、使用制限もあり、1000円のお買物につき500円券1枚を使用できます。

 

 

 

ビックカメラに比べるとやや使用し難いイメージですが、それでも電化製品がお得にお買い物出来ますので、とても重宝しています。

 

特にお正月でお買い得品の多いこの時期にいただける株主優待券は、とても嬉しいです。

 

 

今回も年末年始にビックカメラ(コジマ)やヤマダ電機で幾つか家電製品を新調し、気分の良いお正月を迎えることが出来ました^^

 

 

 

 

11月に平成30年3月期第2四半期の決算発表をしています。

営業利益は前期比で約2割減の200億円としていますが、最終利益は前期を上回る168億円です。

通期の予想では前期比で増収増益を見込んでおり、最終利益470億円を予想しています。

 

 

 

 

指標面では、自己資本比率50%、PBR0.8倍、PER10.8倍となっています。

割安といって良い水準だと思います。

 

 

 

 

更に株主優待も充実しており、1単元保有でも年間で3000円分の株主優待券がもらえるうえに、長期継続保有の特典まであります。

 

 

 

 

正直いうと、接客はちょっとしつこいな・・・と思う事もありますが、(うちの近所だけでしょうか・・・)ヤマダ電機は単元価格10万円以下・割安・株主優待となかなか魅力的な条件の揃った銘柄だと思います。

 

期待しながら、株主優待を貰いながら、これからものんびりと保有したいと思います。

 

 

 

 

 

 

ではでは、恒例のスイング注目銘柄です。
3連休の中日という事で、昨日と同じ銘柄です。

 

 

【4746】東計電算

 

 

 

あなたの元にフクが来ますように。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です